2016年9月22日木曜日

バラのピョン助


ルリマルノミハムシ

憎っくき
瑠璃丸蚤葉虫め!

5ミリくらいの、黒光りした、
てんとう虫みたいな丸っこい虫。
寄ってたかって
咲いたバラを食べやがってよぉ (/ω\)


名前に『ノミ』が付くだけあって
捕まえようとするやいなや
ピョ~ンと姿を消すんで、

あたいのやっつけ方は
花にビニール袋をかぶせて
振り落とすです。


こないだ、バラ1輪に「豆大福か」ってくらい
てんこ盛ってたもんで
いつものように袋バラにして振り落としたのさ。

何匹か獲り逃がしたけど7匹捕獲。
ビニール袋の空気を抜いてしばって
窒息の刑じゃ!

で、明日出す予定のゴミ箱に入れておいたのね。


翌朝。(チュンチュン すずめ鳴く)


ゴミを出そうとして、ふと
「おぉ、あいつら窒息してるかなぁ♪」と
気になって見てみたらば、

……  いない?

いない! いない!
いないのよぉー!!( ̄□ ̄;)!!


袋の中にいるはずの黒くて小さな点が
1匹も見当たらないどぉー(@ ̄□ ̄@;)!!


口は固く縛ってあるから
穴を開けて逃げたのだろうけど
目視では穴は見つけられず。


とりあえず
冷やし中華に使ったキュウリの切れはしを
部屋の何ヵ所かに置いてみたのだが見つからず。
(あたりまえか)


で、ローズ・オットーのオイル、は持ってないんで
合成バラ香料をティッシュにしみこませて
置いておいたんだけど
これまた寄ってこず。


あぁ、あやつら
ビニール袋を穴あけるのもビックリだったけど、
小さな穴に気づいて全員が脱出しただなんて、
よっぽど酸素が欲しかったんだな ┐('~`;)┌


などと、気持ちを寄せてる場合ではないっ!


ヤダよぉ  ウチのリビングで
お見合いして、繁殖したら
どーしよう!!


......とヤキモキすること半日。


あれ? リビングのカーテンに点々が?



にゃは! めっけたー!


なるほど、明るい空を求めて
自然とこういうところへ集まるのねぇ。

↑写真では2点だけど
あっという間に6匹を捕獲し、
残る1匹は後日、棚上で亡骸ってました。


ふうっ......

事なきを得たけど
いやー、窒息死だなんて悪行をしたせいで
却って本気にさせてしまったのね。


それにしてもこの瑠璃丸蚤葉虫には
有効な薬品が「ない」という話。

実際、スミチオンとかを
直接かけても死なないよね。


「スピノエース顆粒水和剤」
「フォース粒錠」
「ラグビーMC粒錠」
ってのが類似虫に効くというけどどうかな?

ほんのお試しのために農薬1本買うのもねぇ。。。
誰かやったことある?


それに、庭で可愛がってる
カナヘビとかカマキリに影響があると
イヤだしなー。
(てか、おまえちゃんたちがおサボリしてるから
虫が増えるんじゃ?(笑))


不思議なことに
付くバラと、見向きもされないバラがあります。
ディスタント・ドラムスとブルームーンにばっかり付きます。

えり好みしやがって。キッ!


先日書いた『カナヘビ救出劇』
何人かの方から

「まめ吉の優しさに感動した」
「小さくても命の尊さは同じ」
「今までで一番いい話だった」

などと、ありがたいご感想を戴いたのに
今日の、手のひら返しの内容(笑)

おじゃま虫は大キライです。
忌避剤じゃなくて、抹殺したいあたいで
すんません…… (;^ω^)ゞ